dog

ヘルニアを治療する

doctor

髄核が漏れてしまい、神経を圧迫することを椎間板ヘルニアと言います。椎間板ヘルニアは、軽い症状であればそれほど生活にも支障はありません。しかし、髄核の圧迫が続くとどうしても神経の圧迫が長くなり徐々に神経の通り道が狭くなってしまい最終的には歩行だけでなく、排尿などの傷害もおきてしまいます。脊髄を持っている動物では人間でも、犬でも関係なくなることがあります。特に、犬は気をつける必要性があります。犬種の中で、ミニチュアダックスの犬種はとても人気が高い犬種になります。そういった犬種の特徴を持った犬は椎間板になりやすくまた、厄介なことに突発性の椎間板ヘルニアにこの様な犬種はなりやすいと言われています。椎間板ヘルニアを、解決する方法として腹腔鏡手術か外科的治療の二つの方法があります。

腹腔鏡手術というのは、多くの人が聞いたことあるのではないでしょうか。身体を大きく傷つけることはなく腫瘍を取り除くことができます。しかし、これが使えるのは腫瘍や椎間板ヘルニアの症状が比較的軽い段階で使えるものです。比較的軽い段階の椎間板ヘルニアであれば、完治率は非常に高く85%以上は回復が望めると言えます。ですが、犬が起こしてしまう椎間板ヘルニアは突発性が高く症状も一気に引き上げられて悪くなってしまいます。治療中にも、進行する場合があるので油断することが出来ません。そのため、重い症状になってしまった椎間板ヘルニアは外科的治療による手術で取り除く必要があります。外科的手術であれば、ほぼ確実に治ると言っても過言ではありません。ここで、注意が必要でどの手術も術後は絶対安静が必要になります。ゲージに隔離する状態が腹腔鏡で6週間近く、外科的手術になると2ヶ月以上隔離する必要があります。飼い主のわがままで、それを守らず出してしまうと余計に悪くなってしまう可能性があります。医師の注意事項をしっかりと守る必要があるでしょう。