dog

強い痛みのある疾患

dog

犬にも椎間板ヘルニアと言うのは存在します。特に、胴が長いタイプの犬種は黄色信号でしょう。とは言え、他の犬種が全くならないという可能性はないので飼い主は日頃から行動をしっかりと確認しておくことが大事です。

» 詳しく見る

椎間板ヘルニアのグレード

dog

犬の椎間板ヘルニアは、突発性で急におきてしまうということが十分にあり得ます。そのため、日頃から行動の観察を行なっておくことが大事です。また、進行度合いにはグレードが存在しており早い段階なら簡単な腹腔鏡で取り除けます。

» 詳しく見る

犬にも発症する

ペットショップを探している方必見!こちらで簡単に店舗検索することができます。ペット検索もできるので要チェック。

腰に負担を抱えている犬は沢山います。椎間板ヘルニアは犬に起こる可能性があります。高齢が気になったら相談をしてみよう。

doctor

椎間板ヘルニアという言葉を、聞いたことがあるでしょうか。椎間板ヘルニアとは、骨のクッションの役割を果たしている椎間板が何らかの以上によって神経を圧迫してしまう現象のことを言います。椎間板が通っている動物であれば原因は様々にですが、発症する可能性は大いにあるのです。人や動物、身近な動物で言えば犬も椎間板ヘルニアを発症する可能性は大いにあるでしょう。ペットとして犬や猫といった動物を飼っているところは多いのではないでしょうか。椎間板ヘルニアを発症してしまうと、急に立てなくなったり強い痛みで歩けないという状況がおきてしまいます。私達人間のように、痛いと意思表示をすることが動物には出来ません。そのため、飼い主はしっかりと犬や猫の動きを注意してみておくことが大切です。椎間板ヘルニアの痛みというのは、怪我と違って神経を直接攻撃されている痛みに近いものになります。少しでも、動きがおかしいと思ったら疑って病院で診てもらうことが大切でしょう。

犬といっても、数多くの犬種が存在しています。その中でも胴が長く足が短いような犬種は椎間板ヘルニアになりやすいと言われているから注意が必要です。ミニチュアダックスフンドは、動物や犬が好きな人なら一度は買ってみたいと思う犬種ではないでしょうか。椎間板ヘルニアは、こういった犬種に発症しやすいと言われているので飼う際には、それらのことを頭の片隅に置いておくことが大切です。また、人間の椎間板ヘルニアとは違った特徴があるのが犬の椎間板ヘルニアの特徴と言えます。犬が発症する椎間板ヘルニアは突如として発生する可能性があります。急に動けなくなった場合は椎間板ヘルニアと真っ先に疑う必要があるでしょう。そのため、急を要する疾患であることから素早い対処が必要となります。動物を飼うというのは、責任がつき纏います。かわいいというだけで飼うのは、動物にとってかわいそうなことです。動物も生きているので、病気や怪我を負うこともあるでしょうそこはしっかりと飼い主の私達がしっかりと面倒をみなくてはいけないのです。人と違っていたければ「痛い」ということがないので、飼い主は気を付けて上げる必要があります。

日本全国に対応しています。ペット葬儀で大切なペットとの最後のお別れをしませんか。電話で24時間相談に対応しています。

ほとんど抜け毛がないティーカッププードル ならアレルギーを持つ人でも飼うことができます。まずはこちらの見学会に参加してみましょう。

動物の体調不良や怪我のことなら千葉の動物病院で治療をしましょう。豊富な実績を持つ獣医師がペットの治療をしてくれます。

ヘルニアを治療する

doctor

犬の椎間板ヘルニアは突発性があり、いつ症状が悪化するか分かりません。しかし、早い段階で行なうことで比較的負担の軽い腹腔鏡手術で終えることが出来ます。ですが、術後しばらくは隔離が必要となります。

» 詳しく見る